手外科についての情報

手外科とは、上肢機能再建外科のことを指します。
もう少し分かりやすく説明すると、手や指などの疾患や障害などを専門とする診療科であり、怪我や病気の治療を行なっています。

待望の火傷治療情報の公開中です。

例えば、骨折、脱臼、腱の断裂、靭帯の損傷、指の切断、やけど、皮膚の損傷、欠損、変形、腱鞘炎、手のしびれや麻痺などに対応しています。


ほかにも、先天異常や感染、骨腫瘍といった疾患を診断して治療をしていく専門家ともされます。

これらは一般的には整形外科や形成外科の専門領域となっています。



上肢に関しての障害を持っていても他の科や医師から専門外と言われたり、手に負えないとされた場合に、専門医として紹介されるのが手外科医とされます。

また、自発的に手外科の医師に診療してもらいたい場合には、かかりつけの病院で紹介してもらったり、インターネットで検索する、WEBサイトなどを探すのも有用な手段です。


手外科の専門医は、整形外科や形成外科の専門医の資格を得てから、研修を受けて学会の専門試験に合格した医師がなることが出来ます。


そのため、きちんとした整形外科や形成外科の知識や技術を持ち、さらに手外科に関しての知識や技術を取得したスペシャリストとも言えるのです。手や指に何か違和感を覚えたり、怪我や障害が生じた場合には専門医に診てもらい、早い段階で治療を始めることが重要です。その中でも、手や指などの上肢に関わる障害や病気を治療してくれる専門医がいるということは知っておくと良いと言えます。

ガジェット通信について調べるなら、こちらをご覧ください。