シンガポールで高校留学

subpage01

シンガポールは人口約560万人を擁する都市国家です。

ボーディングスクールの様々な情報を掲載しています。

世界有数の国際都市で、貿易や金融業を中心に、経済ではアセアンのリーダー的な役割を果たしています。


1997(平成9)年に起こったアジア通貨危機の影響を受けず、毎年安定した経済成長を続けています。

国を挙げて人材開発に積極的で、移民の受け入れにおいても寛容です。
国際ランキングでは、教育や医療分野でも上位にランクされていてメディカルツーリズムにおいての先進地域でもあります。

マリーナベイエリアやオーチャードを訪れる観光客も多く、在留邦人数が約37、000人で、世界でも屈指の治安のいい国としても知られていますので、シンガポールでの高校留学をおすすめします。

goo ニュース情報選びをサポートします。

人口構成は中国系の華人が74%、マレー系13%、インド系9%で、各民族が英語でコミュニケーションをとっています。



公用語、および共通語が英語で、レベル的にみても東アジアや東南アジアでもっとも高い水準を誇っています。
赤道直下に位置するため常夏の国でありますが、緑化政策によりガーデンシティと呼ばれるほど自然と共生している街なので、気温ほど暑さを感じません。

物価は日本とほぼ同じですが、フードコートなどでの食事は5分の3程度で安いです。

華人が多いこともあり、口に合う中華料理のお店が多く、市内には日本食レストランが点在しています。
高校留学では、ほかの国の留学生と異文化交流を楽しみながら現地のひとともなるべく積極的に会話を心掛けてみてください。


シンガポールの高校留学では、2週間からの短期留学コースがあります。
また、1年間の長期コースではレベルが高いクラスでの授業となり、欧米での大学への本入学に備えるひと向けなので、短期のコースをおすすめします。